ツインパワーXD発売開始!

今年のスピニングリールの目玉であり、発売前から名機として歴史に残るだろうと言われているツインパワーXDが早い店舗では入荷し、販売開始されました!


気になる割引率は20%~27%程度と開きはありますが、ポイント還元などを考えるとナチュラムが安いようです。
デイシーバスやカヤックにはc3000HG

シマノ(SHIMANO) 17ツインパワー XD C3000HG



↑クリックでナチュラムの販売サイトに飛びます!




楽天だとマルニシが最安です。
サーフや磯のヒラスズキには4000XGですね!





C3000のエクストラギアも出ました!
Amazonにも入荷してます。





自分もGWくらいまでに購入予定です(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑
本当はc3000ノーマルギアが欲しいのですが、ラインナップされていないのでHGにします。

防水性に優れ、巻上げパワーも非常に強いのでカヤックフィッシングでの潮被りや、不意の大物でも安心ですね!


にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

冬の釣りには釣り用の防寒着が一番!

土日に、ちょこちょこ釣りには出掛けるのですが、報告出来るような釣果が上がらない雷神です。

まだまだ寒い日が続きますし、早朝や深夜の釣りは特に寒いので、出掛けるのが億劫な方も多い事と思います。

夜中に家を出て、暗い内に釣り場に着いて準備。
暖かい車中から外に出た途端にテンション⤵︎⤵︎⤵︎

更に風が強いと。゚(゚´Д`゚)゚。

まぁそれでも釣りはするんですけどね(笑)


じゃあどうするか?
少しでも寒くないように使い捨てカイロを身体中に貼る方も居るみたいですが、動きにくそうです。

自分は暖かい素材の下着を重ねて靴下も重ねて、釣り用の防寒着を着ています。


やはり釣りには釣り用の防寒着が一番です!


ホームセンターや作業着屋のとは全然暖かさが違いますし、作りも釣り用に考えられていますよ。


でもシマノやダイワのだと値段が…
ってのも有りますよね。


そこでオススメなのが、ウェーダーやゲームベストなどで知られている「マヅメ」から出されている冬物オールウェザースーツです。

上下に分かれていますので、上着だけとかパンツだけとかも大丈夫です。


キャスティングの店頭にも並んでいますが値段の割に良い商品だと思います。
自分は2年ほど使用していますが、雨や潮水で汚れても自宅で洗濯出来ますし、早朝や夜の釣りでも活躍して貰っていますよ!


通販だと安いですね(笑)







ウォーターロックス オールウェザースーツ 5113





まだまだ寒いけど、釣りには行きたい。
そんな方への防寒着情報でした。



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

ライフジャケットの浮力を考えてみた

釣果よりも安全第一!

自分は色々な場所で釣りをします。
サーフ、漁港堤防、港湾岸壁、河岸、磯、カヤック…


自然の力、水の怖さは想像以上だと思います。
なのでいつも釣りをする時はライフジャケットを着用しています。
ゲームベストならルアーボックスや小物を収納出来るし、ルアーマンらしくてカッコ良いと思ってます(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑


そして、サーフや磯やカヤックなどで使うと海水を浴びてライフジャケットが塩でやられてしまうので真水で洗ってあげるようにしています。


この時に注意しなければいけないのが、「浮力材を外す」です。


ライフジャケットを選ぶ時に浮力は大切ですよね。
概ね市販のそれなりのライフジャケットなら国土交通省型式承認レベルの浮力7.5キロ以上24時間は有ると思いますが、経年劣化で浮力も落ちますので、自分も今年はカヤック用のライフジャケットを買い替えようと思ってます。


さて、上で出てきた「国土交通省型式承認」ですが、船検の時に備え付ける義務があるライフジャケットの事のようです。

詳しくは高階救命器具のHPをご覧下さい。


まぁライフジャケットの着用に関する法律は有りませんから、着ても着なくても、どこの製品でも罰せられる事は無いです。



一番大切なのは自分の命は自分で守る!って事ですよね。



で、話は回り道しましたが、ライフジャケットを洗濯する為に浮力材を外してみました。
まずはGクラフト コンプリートワークス
自分のメインのライフジャケット(ゲームベスト)です。

2017011509051733a.jpg


外した浮力材は…

20170115092021e96.jpg


まだまだ浮力7.5キロは保っていると思います。
潰して戻らなかったり、薄くなっていたりしたら買い替え時期です。

このベストの製造はパズデザインで、現在販売されている物だと生地が違いますがコンプリートⅣが近いと思います。
股紐が付いているので落水しても脱げないタイプです。




続いてサーフで使用しているシマノ サーフトリッパーです。


20170115090516186.jpg


ヒラメハンター堀田さんが監修で、実際にいつも着用されています。


2017011509054551c.jpeg




で、サーフトリッパーの浮力材を外してみたら…






なんと( ゚Д゚) ス、スゲー!




201701150905121a5.jpg



多分、浮力12キロのタイプですね。
背中側だけでなくて前側にも浮力材が入っています。
股紐は有りませんが腰ベルトで固定出来ます。
フロントポケットは左右共にルアーケースが1つずつしか入りませんが、その分だけ浮力材が入っていました。




浮力材の多さは安心にも繋がりますが、シチュエーションによって使い分けが必要なのかも知れません。


サーフは波打ち際です。
ヒラメゲームの方はウェーダーにゲームベストのスタイルが多いと思います。
自分は前に出てもせいぜい膝下までですが、中には腰まで浸かる方も見受けます。
ウェーダーが浸水すると水が抜けないので重くて歩けず、浮力も必要になります。
万が一の時は離岸流で岸に戻れない事も有るので、下手に泳いで体力を消耗するよりは浮いているだけのが良い場合も有ります。
その時に背中側だけの浮力材より前側にも浮力材が有れば楽に浮く事が出来ますね。
サーフトリッパーに股紐が無いのも、浸水したウェーダーが脱ぎ易い様に出来ているのだと思います。



逆に、カヤックや磯で使うライフジャケットは浮力も大事ですが、泳ぐ事も考える必要が有ります!


カヤックから落ちたら、カヤックまで泳いで再乗艇しなくてはなりません。
磯から落ちたら一旦離れて安全な場所まで泳いでから再上陸出来る場所を探す事になります。
このような場合は前側の浮力は邪魔になります。
そして、落水した時の衝撃でライフジャケットだけが浮き上がらないように股紐が必要です。

自分も昨年まではジャケットを適当に着用していましたが、思い返すと危険な状態でした。
良いページが有りましたので、皆さんも是非参考にして頂き、安全な釣りをして欲しいと思ったのでリンクを貼る事にします。


フローティングジャケットの正しい着用法

⤴⤴⤴⤴⤴⤴クリックでご覧下さい。


そして、次にカヤックフィッシング用に購入予定のジャケットはシーバスルアーメーカーLONGINやメガバスでもテスターをされていて、個人的にもお世話になっている遠藤さんがテスターになったブルーストームにしようと思います。


201701151019489f6.jpeg




国産で国土交通省型式承認を受けた股紐付き浮力9キロのライフジャケットで、ルアーボックスや小物の収納が出来て大手メーカーより格安です。
自分のようなデブ大きめの体型でも安心の浮力(笑)

高階救命器具ではカヤックやカヤック用品も扱っていますね(^^♪


風が強いのでカヤックは諦めて外房サーフに行きましたが舌平目しか居ませんでした(T▽T)アハハ


20170115103220863.jpg


カヤックフィッシング関係のブログ
にほんブログ村 釣りブログ<br />カヤックフィッシングへ
にほんブログ村


千葉県の釣り情報
にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


悩んだけど新しくリール買いました!

ライトショアジギング用、地磯からの青物用、カヤックからのシイラ用を兼用するリールですが、今まで使っていたバイオマスターはギア比を変えてしまったので別のリールが必要になりました。

もうめちゃくちゃ悩みましたよ。














20161229063501f6e.jpeg


どちらを選ぶ?ってくらい(笑)


仲間にはダイワを勧められました。

20161229063643bef.jpeg
ソルティガがいいのは分かります。

20161229063642281.jpeg

キャタリナがいいのも分かります。




でも大きいんです。
大き過ぎるんです。











2016122906363963a.jpeg

分かるでしょ?サオリン可愛いけど背が高過ぎるみたいな…



14ステラ4000XGを持っています。
めっちゃいいリールだと思いますよ。
まるで石原さとみのようです。


2016122906350248f.jpeg

でも地磯とかカヤックでは使いたくないですよね。

それに海水ジャブジャブになるから、やっぱりSWシリーズのが安心ですし、剛性も有ります。


すると選べるのは2つ。

20161229063645ad9.jpeg

ステラSW
最高のリールだと思いますが、でも値段も凄いし、やはり地磯とかカヤックでは勿体ないです。
ここまで来るとヤバ過ぎですよ。
石原さとみが更にエロさを増した感じです。













2016122906350766a.jpeg


となるとツインパワーSW


20161229063640ce2.jpeg





自分の中のイメージでは…










20161229063504544.jpeg


長澤まさみです(*^ω^*)




でも来年にはツインパワーXDも発売されます。
こちらもかなり気になります。


20161221203506180.jpg

でも未知数ですよね。
特にシマノの初期生産物は微妙です。
ある程度のインプレが出るまでは…




2016122908304304e.jpg








だって新垣結衣かと思ったら実は片桐はいりだったら泣きますよ!







20161229063846bfc.jpeg




って事で色々と悩んだ結果は…






20161229074851119.jpeg


やっぱり実績のある長澤まさみ15ツインパワーSW4000XGにしました。


20161229063820002.jpg


開封の儀!




20161229063818296.jpg


リールフット裏のシールを見たらOK-Sでしたので2016年11月製造の日本製です。


非常にカッチリしていて力強さが有ります。
バイオマスターに比べるとギアも強く頼りがいが有る感じですね。
ハンドルノブがEVAだとか、ボディの片側が金属じゃないとかは気になりません。


細川たかしの頭がヅ〇なのか?どうかくらい気になりません(笑)





20161229063848514.jpeg




早速「おまもり君」を付けてみました!


20161229063821834.jpg


2016122906381718a.jpg


ついでにステラ4000用の夢屋スプールも径とストロークが同じなので付く事が確認出来ました。







ステラのノーマルスプールにはPE1.5号、夢屋スプールには1号、ツインパワーには2号とか巻いておけば色々と使えますね。

Gクラフトのミッドリーフ962BLSにセットした感じもバッチリでした。




って事で早速分解して中身を確認しようと思います!


そんな事より釣りに行け!って( ^Д^)ゲラゲラ

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村
↑千葉県の釣り情報ブログが色々有ります。

バイオマスターSWのギアが駄目になりました。

いやぁ寒くなるとラーメンが旨いですよね!

いつも通りの茂原コジマルへ!
今までは普通盛りでしたが、ちょっと冒険して大盛りにしてみました(* ̄m ̄)プッ

しかも野菜にんにくアブラ増しタマタマです。

こぼれるといけないとの店側の判断で別盛りで着丼しましたが、上に乗せてみました。


20161228040443544.jpg

ちなみに乗せる前は、こんな感じです。


201612280408311ac.jpg


たいして変わらないですね(笑)








きっと…















20161228040837d00.jpeg



こんな女の子が…



























201612280408351a8.jpeg




こうなったくらいだと思われます(笑)




ラーメンは綺麗に全部食べましたが、まちゃまちゃは食べたくない雷神です!どうも(*^ω^*)



にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村
↑カヤックフィッシング関係のブログがいっぱいです。

さて、バイオマスターSW5000XGを使っていましたが、水深40mのジギングでガツン!とヒットして「何これ?ヒラマサ?」って感じのガチなファイトを5分以上10分未満くらいやりまして、上がったのは5キロくらいだけど肛門付近にスレ掛かりだった73cmくらいのワラサでした。

ワラサ程度でもスレ掛かりだと凄いです。
2キロ以上のドラグがズルズル出され、ポンピングしながらゴリ巻きしました。


で、それからバイオマスターのハンドルにガタが出るようになりました。
回転方向にも上下にもハンドルを回すとガタガタです。
分解してシム調整しましたが、シムの範囲を超えていましたね。



結局マスター、ピニオン、ウォームの各ギアとマスターを両側で支えているベアリングを交換する事にしました。




20161228040444889.jpg



ちょいちょいっと分解して新しいギアと比較してみます。



2016122804044646c.jpg



上が新品で下が今まで使っていたギアです。
古い方はピニオンの下半分が痩せていましたし、マスターギアにはベアリングが噛み込んで抜けない状態でした。




201612280404493fa.jpg



バイオマスターSWって所謂ソルト初心者向けで、防水性もそれほど高くないし、ボディ強度も強くは有りません。
しかもエクストラギアでしたのでキャスティングからの糸フケ回収には良くても、バーチカルジギング向きではないですよね。

なので、上の方の画像でお分かりになった方も居るかも知れませんが、新しいギアはバイオマスターSW5000PG用です。

これでギア比が6.2から4.8に下がります。
最大巻き上げ量も105から81cmに下がります。


ここで一つ、キャスティングでの飛距離で最大巻き上げ量✕ハンドル回転数の単純計算して、100cm✕100回だから100m飛んでる!とかってのを時々見ますが、最大巻き上げはスプール最大外形寸法で計算しますので、普通はスプール上側のエッジの切れ込みの所迄しかラインは巻きませんから約9割で計算すると目安になると思います。
更に風の向きや強さで糸フケも変わりますので、差し引きが必要になりますね。



今回はラジコン用のベアリングを買ってきました。
市内の大きなラジコンショップには殆どのサイズのマイクロベアリングが置いて有ります。
以前もセルテートのベアリングを買った事が有ります。



20161228040447716.jpg



税込み1個130円(笑)


良い子の皆さんはシマノ純正の1個1,200円のベアリングがオススメです(・∀・)ニヤニヤ



型番見ても値段を見てもステンレスじゃなくてスチールですね。
ラジコンのベアリングは殆どスチールです。
釣りのリールより高回転、高負荷なラジコンではステンレスのベアリングは硬くて良くないそうです。
それにステンレスのベアリングでも海水に水没したら駄目になりますし、スチールでもナスカルブ塗っておけば簡単にはサビたりしないです。
まぁ駄目になっても130円ですから2年に1度オーバーホールで交換するより3ヵ月毎に替えても安いし精度もいいですね。


ベアリングは組む前に脱脂して、乾いたらナスカルブを注油して使います。
このあたりの詳しい記事はこのページをご覧下さい


で、各ギアにも新しいグリスを必要なだけ塗って、ボディの合わせやスプール軸の芯出しを丁寧にしながら組み上げました。



ギア比も変わってるし、新品部品だし全然違います!



20161228040832c0c.jpeg






↑な感じだったバイオマスターですが…










マジっすか?



















本当に元は同じなの?





















20161228040834b8f.jpeg




ってくらい変わりました!
(ブル中野って可愛いと思います💕)



ギアが3点で合計3,300円ですがPGになったので、今後はバーチカルジギングで使って行こうと思います!



じゃあショアジギ用のリールは?


…って(T▽T)アハハどうしますかね(笑)


鯛ラバより真鯛が釣れるジグ

漁師が箱買いする!
遊漁の船宿が買い占める!

などと言われ、カヤックアングラーの中でも非常に人気の有るメタルジグが有ります。
とにかく真鯛のデカいのが釣れて、他の色でも駄目だし鯛ラバでも釣れないが、コレにすると連チャンするとも言われています。
色々なブログなどでも釣果が出ていますが、買おうとしてもなかなか売っていません。


「TGベイト 真鯛」で検索すると分かりますが、遊漁船でもカヤックでもとにかくコレですね。


実は昨日Amazonで30個だけ販売されましたが、途中で値段が上がったにも関わらず2時間で完売しました。


でも探せばまだ有りますね。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ダイワ TGベイト 60g PHグリーンゴールド
価格:1641円(税込、送料別) (2016/12/27時点)






TGベイトのグリ金で60gってのがミソです。
アカ金でも他のカラーでも駄目なんです。
TGベイトスリムってのも有りますが違います。


釣具屋さんに行くたびに探していますが、他の色は有ってもグリーンゴールドだけは売り切れです。
元々はキャスト用のジグですが、前後にアシストフックを付けて鯛ラバみたいに着底からのタダ巻きで釣れます。

タングステンなので小さくて素早く落ちます。
小型のベイトにしか反応しない真鯛でも食い付きます。
自分の仲間も大きな真鯛や青物も釣っていました。


特に冬から春のシーズンに最適です!


自分も3個注文しましたよ(*^ω^*)
甘鯛やハタにも良さそうです!

にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村


17 New セフィアci4+




2017年、シマノからストラディックci4をベースにした

Newセフィアci4+リールが発売されます。

20161223052636f60.jpg


今までのセフィアから変更になったのは
Gフリーボディでの重心移動で持ち重りが更になくなった事。
コアプロテクトによる防水性アップ。
メンテナンスホールがなくなった事での防水性アップ。
ニューマグナムライトローターで巻き上げが軽くなった。
ハンドルもci4を採用して軽量化。

などですが、ベースになるリールがレアニウムci4からストラディックci4に変わったから出来た事ですね。


ストラディックci4にもダブルハンドルのエギング仕様が有りますが、セフィアとの大きな違いはドラグ関係です。

イカの身は柔らかいので、シャクリ合わせになった時に身切れしてしまう事を減らす為にドラグがスムーズに出るようにリジッドサポートになっています。
スプール受け軸のカラーがベアリングになり、スプール内にもベアリングを入れる事で動きを滑らかにするとともに剛性もアップしています。

もう一つはラピッドファイアドラグで、春の親イカの力強いヒキなどでも瞬時にドラグ調整が出来るようになっていますね。

この二つの機能は先代セフィアから受け継いだものですが、エギング専用に開発されたセフィアと、ストラディックの大きな違いになっています。


予算に余裕がある方はヴァンキッシュが最高かも知れませんが、特に大きな負担を掛けるようなシャクリをしたり、3キロ4キロサイズがガンガン釣れるような事で無ければNewセフィアci4+は凄く良いリールだと思います。


自分が使っているのは先代のセフィアci4+C3000SDHですが、実績としては60cmを超えるヒラメも全然問題無かったです。


20161223052638f66.jpg



アオリイカでは、この時の2キロアップもちゃんと寄せる事が出来ました。


実用ドラグ値も3.5キロ有りますから、エギング専用とは言ってもシーバスくらいなら全く問題ないですし、それこそストラディックci4のC3000スプールでも使えばラインの太さやドラグ値が簡単に変更出来るので色々なゲームに使えますね。

ちなみにドラグってシーバスでも通常は1.5キロくらいです。
磯のヒラスズキでガチファイトする人でも2.5キロです。
なので3.5キロのセフィアは余裕が有ります。



ちょっと見づらいですが、普段カヤックシーバスで使っているソルティストBS70Mにドラグ1.5キロに調整したリールを付けた場合にラインが出る所で撮影してみました。
自分は普段は1.5キロなので、ここまで曲がってドラグが滑り出します。
一緒にカヤックフィッシングをする仲間に試してもらった事が有りますが、大概の人が「こんなにドラグ強いの?」って言いますね。


201612111642518f7.jpg



このドラグ設定の話は、また別の機会に詳しくしたいと思いますが、エギングの場合はドラグ値が高いよりも、スムーズなのが一番です。

ハンドルはシングルでもダブルでも好きな方で良いと思いますが、自分の好みはダブルです。
多少重くなりますが、ブレないし、止まるし、手を出せばどちらかのノブを掴めます。

ギア比もノーマルでもハイギアでも好きな方で良いと思います。
陸っパリで遠投したりデイゲームのシーバスにも使うならハイギアが使いやすく、ティップランやサイトフィッシングにはノーマルが使い易いと思います。

初めてエギング専用で購入するならノーマルギアのダブルハンドルモデルになる
Newセフィアci4+C3000SDHが使い易いのではないでしょうか。


2017年にはセフィアci4+のロッドも新しくなりそうです。
とにかく軽くて使い易いタックルセットになりますね。

自分はまだ暫くは先代(現行)モデルで頑張りますが、柔らかくてスラッグを出しやすいモデルが出たら1本追加したいです。(*^ω^*)


にほんブログ村 釣りブログ カヤックフィッシングへ
にほんブログ村

17ツインパワーXD



ヤバいっすね!

2015年にモデルチェンジしたツインパワーですが、2017年にツインパワーXDが併売される事になりました!

サイズは4種類
C3000HG、C3000XG、4000XG、C5000XGです。

20161221203506180.jpg


これまでSWシリーズにしか無かったXプロテクトにより防水性が更にアップ!


以下シマノ公式HPより


ツインパワー XD[TWINPOWER XD]

耐久性の基準を変えてしまう。
タフステージでこそ活躍するNEWツインパワー。


難攻不落の防水構造  Xプロテクト

撥水処理&ラビリンス構造による防水構造。
ツインパワーXDに採用されるXプロテクトでは、より軽い回転性能が求められるため、専用に新たな防水構造を開発。回転軽さを損なうことのない非接触式にこだわり、新たな撥水処理に加え、水の浸入を抑えるラビリンス構造を複合することで、非接触でありながら、高い防水性能を実現しました。その回転軽さゆえ、ラインローラーへの採用も可能となり、ボディー部に加え、ラインローラーベアリングの塩ガミ耐久性も大幅に向上しています。


201612212035074c9.jpg



クイックレスポンスシリーズ

過剰なほどの耐久性(XD=extreme durability)をキーワードにチューンされた、新たなるツインパワーが誕生!ショアジギング、磯やウェーディングでのシーバスゲーム、マイクロジギングといったシーンにおいて、信頼に足る耐久性を提供するのが命題。そのひとつは「ギア強度のアップ」。シマノならでは高精度加工技術により、以前のモデルのワンサイズ大型機種と並ぶ強度を確保。さらにラビリンス構造により強化された防水構造「Xプロテクト」により防水性アップを実現。カーボンクロスワッシャ採用によりドラグの耐久性も大幅アップ。これまでの常識を覆すほどタフさを備えた一台に仕上がっている。




どうやらラインローラーも改善されているようですし、ヴァンキッシュのニューマグナムライトローターになり、ギアも更に強くピニオンとマスターが真鍮になったみたいです!


現行のツインパワーとSWモデルの中間に位置する感じでしょうか?

ランカーシーバス、磯ヒラスズキ、ライトショアジギング、3キロくらいの青物やシイラにも良さそうですね。


様子見て来年の夏くらいに買おうかな(*^ω^*)





にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

R18激安在庫ポチりました!

R18に釣られて「18禁の特価DVD」なんて妄想された方は
エロ認定です( ^Д^)ゲラゲラ

今回は魚釣りで使うPEラインの
シーガーR18完全シーバスの事です。

何故にR18なのかは自分も知りません。
フロロラインもハイグレードモデルはR18でした。



普段、自分が使っているPEラインは
YGKよつあみ X8アップグレードです。

一番使いやすくてトラブルが無くて飛距離も充分で安いです。
シーバスゲームやサーフフラットゲームで非常に人気が有り、一番売れているラインかも知れません。





1号150mで、送料無料の税込2,120円です。


サーフで使うなら1.2号200mが安心ですね。






で、何でR18完全シーバスなの?



大人の事情だから!(笑)
えっと、クレハさんはフロロラインでは超一流メーカーですが、残念ながらPEラインの製造はしておらず、いわゆるOEM製品ってのかな?

完全シーバスの元になるのがY〇KのWX8っぽい。



201612140555351f8.jpeg


Gクラフトモニターの「ひろポンさん」の所から拝借した画像ですが、右がWX8のケースで左が完全シーバスのケースです。

で、ややこしいのですが、WX8はX8アップグレードより上位のモデルなので値段も高く、完全シーバスも高かったのですが…

11月にリニューアルして価格が下がりました。
これについてはクレハさんに電話で問い合わせをしました。


だって過去にも完全シーバス使った事が有るけど、コーティングの色落ちがハゲ!激しいんだもの(´・-・`)


20160519234259974.jpg


まずは、リールにラインを巻いた時点でスピニングだとラインローラーに落ちたコーティングのカスがいっぱい付きます。
ベイトリールでもTWガイドの狭い所が緑色になりました。
更に半日も使うと、数ヶ月使ったのではないか?
と思うくらいの色落ちなんですよ。

これが完全シーバスの唯一の欠点でした。
飛距離はアップグレード以上、トラブル皆無、強度も強いです。


前置きが長くなりましたが、クレハさんに聞いた内容です。
「ラインの品質、性質は今までと全く同じです!勿論コーティングも同じです。パッケージとスプールが変わって求め易い価格にしました。」
って事でした。

って事は色落ちさえ慣れる?我慢する?ならアップグレードより上位のラインが同程度の価格で買える!
スプールもアップグレードと同じになりました(笑)


2016121406175552b.jpeg


しかも今回は新しく「ステルスグレー」のカラーが追加されました。
開発に携わったシーバス界の重鎮?オヌマン曰く
「明るい色のラインを使っていた時にシーバスから見切られているような気がしたから、持っていたマジックでラインを黒く塗ったら、釣れたんだ!」
って事でデイゲームの時に目立たないグレーカラーが追加されたみたいです。

カヤックフィッシングはデイゲームですから良さそうですよ!




使い易くて強度も有る0.8号です。
自分はカヤックシーバスなら0.8号で全く問題ないと思います。
5キロくらいのワラサでも釣れます。
ポンド表示は15lbですが、これは引っ張りテストの平均だそうです。


話はそれますが、「だそうです」と書いたのも
強度表示は各社各ラインバラバラだからです。

あるラインは1号19lbですが、平均強度。
ある別のラインは1号20lbですが、最大強度。

表示だけ見ると20lbのが強そうですが、もしかしたら平均18.5でマックス20かも知れません。
逆に表示は19でもマックス21かも知れません。

この辺りは統一の規格が欲しいですね。
規格と言えばラインの号数もバラバラです。
同じ1号でも細いのも有れば太いのも有ります。

この時の記事ですが、東レのシーバスPEパワーゲームは明らかに太かったです。
パワーゲームも0.6か、0.8号なら快適で優秀なラインだと思います。


で、完全シーバスは標準直径(守らなくても違反では無いけど一応有ります。)をきちんと守ったラインですので、スプール表示ピッタリに巻けます。


まぁゴチャゴチャ書いたけど、新しくなったので品質は全く同じだけど前のパッケージの在庫が安い!

って事なんですねヽ(・∀・)ノ


1号150mで



0.8号150mなら



PEラインは細いほど作るのが難しいので高くなり、細い方がルアーの動きも良く、飛距離も伸びます。


今回は0.8号を注文しました(*^ω^*)
カヤック用のストラディックC3000HGに巻いていたシーバスPEパワーゲームが、いい加減ヤバいので巻き替える予定です。


ストラディックも求めやすい価格で強度も有り、カヤックフィッシングでは人気のリールですね!



ボディが4000で巻き上げが強く、スプールは3000サイズでエクストラギアなので、フッコサイズのシーバスからワラサ、シイラまで使えるのが3000XGMかな。


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

リールのメンテナンス(ステラのシム調整)

以前、ステラを分解したのだが、組み立て後に巻きの違和感が有った。

ヌルヌルだったステラがシャリシャリのカクカクになってしまった。
ツインパワーより下位機種ならメンテナンスも簡単だが、やはりステラはシビアである。

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村


弄り倒したストラディックは現在ではカヤックからのランカーシーバス用にハンドルノブをステラ4000用に交換してある。

先日のヴァンキッシュのハンドルノブは軽くて感度は良いが、ゴリ巻きするには頼りない。

皆さんハンドルノブは、どのように掴んでいますか?


20161209083425c8e.jpg


分かりやすく撮影しましたが、人差し指と親指で摘んでいる方が多いかも知れません。

繊細な感度重視の巻きなら良いのですが、自分の場合はヒット時のスッポ抜けや力強い巻き上げの為に人差し指と中指で挟むスタイルです。


20161209083426ad4.jpg



管理釣り場のトラウトに使うリールなどは親指と人差し指で摘むI型ノブが多いですが、2500番以上のリールは人差し指と中指で挟むT型ノブが殆どなのも、相手にする魚のパワーに負けない為だと思っています。


20161209084538a73.jpg


T型ノブを摘んで使っている方は一度挟んで使ってみると面白いですよ!
最後はそれぞれの使い易い持ち方で良いと思いますが、挟んでも意外と感度も良いし、握力が要らないので楽です(*^ω^*)



さて話が少し逸れましたが、ステラに戻ります。
シャリシャリ感はグリスや正確な組み立てで良くなると思いましたが、カクカクはシム調整が必要かな?と。



で、シマノの調整用シムセットを注文しました。
0.05mm×2枚と0.1mm×1枚の計3枚で50円です。




201612090828075b6.jpg



そして14ステラ4000XGを分解!


20161112210225a10.jpg

画像は以前の分解時のです。


今回は赤丸のピニオンギアとドライブギアの各62番のシム調整と青丸のボルトの締め付け調整を行います。


20161209090623b8c.jpg

先にドライブギアのシムから枚数や厚みを入れ替えながら組み立ててハンドル回しては分解を繰り返し、最適なシム調整にします。
次にピニオンギアのシム調整も同じように行います。

何回もバラしては組み立てたので随分とシマノのスピニングリールの構造が分かるようになりました。


後は芯出ししながら回転の軽い所で締め付けトルクが偏らないように注意しながら組み上げれば完成です!


そして時間と費用50円は掛かりましたが、無事にメンテナンス完了。

歓びが満ちてくるリールになりました!


今回も各ギアにはナスカグリスを使いました。





オイルもナスカルブです。




オイルを差す時には内径0.3mの極細針のオイラーが有ると便利だと思います。





ナスカルブとナスカグリスについては毎度お馴染みの動画をご覧下さい。
一度浸透すればパーツクリーナーでも落ちないし、水を掛けても乳化しないので、普段のリールの手入れに使うと、カヤックでの使用にも安心かと思います。



*リールの分解整備を勧める記事ではありません。
くれぐれも自己責任でお願いします。



それでは皆さん、良い釣行をヽ(・∀・)ノ
いらっしゃ~い
プロフィール

雷神

Author:雷神
千葉の雷神です。
最近は魚釣りにハマってます。

カヤックは黄色のX-13で内房がメインです。
陸っぱりはシーバスとヒラメを追い掛けています。
ロッドはGクラフト・リールはシマノを使ってます。

楽天オススメ商品
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
419位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
49位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム