FC2ブログ

南房サーフでヒラメ爆!朝マズメにヒットするも…

5月13日の日曜日。
南西爆風の予報だったが、朝マズメは風も穏やかなサーフ日和でした。
波も低く水色も良くて雰囲気アリアリです。

南房サーフでDUOの堀田さんイベントが6時からでしたが、夜明けから打ちたかったので、4時にサーフエントリーしました。

ミノー、ワーム、シンペン、ジグとローテーションしながら探っていきます。


4時30分に右側2人先でヒラメがヒット!

その5分後に左の人にヒット!


時合い到来で自分もヒット!


ヒットルアーはフリッパーZです。
メタルジグですが素材が鉛よりも比重の軽い亜鉛なので、浮き上がり易く、干潮に近い潮位の低い時や遠浅のサーフで使い易いし、大きめなのでアピール力も有りますね。





引き方と重さから50cmくらいのヒラメのようです。
北西スペシャルのティップからベリーが綺麗に曲がって最高の瞬間です。

















が、バラしました(╥_╥)


隣の人も「あー惜しかったですね」って。



気を取り直してキャストするも次は無く、イベントの為に一度集合です。

20180515074428859.jpg


参加者20名ですが、6時前にサーフに出ていた数人の中で、既にブツ持ちが3人。


6時からも参加者が3人キャッチ。



8時には爆風になりましたが、鳥が刺してカタクチが打ち上げられる状況で、堀田さんが確認した所、サーフ全体の約40人でヒラメ11枚とマゴチやニベなどが釣れたそうです。



自分はベイトのカタクチが3匹ほどフックに掛かっただけでした(笑)


6月にDUOから新発売されるシンペンのウェッジもキャストさせて頂きましたが、横風が強くても綺麗に飛んで行きました。
この時は堀田さんのタックルを使わせてもらったのですが、NESSA Ci4の10.2MHは軽くて3ピースで投げやすく良く曲がりますね。
初心者からベテランまでオススメのロッドです。






面白かったのは参加者20人の中でGクラフトのロッドを持って来たのが7人とダントツだった事です。


イベントでは、全員の所に1人5分ずつくらいで堀田さんがアドバイスに来てくれます。
今回は素晴らしい堀田マジックが有りましたので簡単に紹介します。
テレビで堀田さんの釣り番組を見て、ヒラメを釣りたいと思った小学生の男の子が保護者同伴で初参加しました。
タックルも揃えたばかりで釣り自体が今回2度目だそうです。
堀田さんから「ルアーは何が有るの?ちょっと見せてね。選んであげる」って事で「今の状況ならコレがいいよ!」
で、キャストして「これくらいのスピードで巻いて5回巻いたら少し止める」って教えてもらった次のキャストでヒラメゲット!

子供も保護者も大喜び!周りの人からも大きな拍手!
子供には一生忘れない素晴らしい経験になったと思います。




さて、ここからは自分なりの反省点を考察し、今後の対策案を書いてみたいと思います。


リーダーはナイロンを使う

フロロが好きな人も居ますし、ナイロンが好きな人も居ます。
どちらが良いかは、タックル全体のバランスや場所にもよります。
自分の場合はヒラスズキロッドで張りが強く、重いルアーをフルキャストする事が多いです。
トップガイドが小さいので、ノット部分はガイドの外に出るように垂らしを取っています。
また、波打ち際で引き波に魚を持って行かれる時に多少のクッションが欲しいです。
自分が良く行くサーフは根が少ないので、擦れを心配するよりも、ショックを吸収してくれるリーダーが適していると思います。
普段からサーフではナイロンリーダーでしたが、買い置きが無くて今回はフロロを使いました。
フロロは伸びが少ないので感度が良く擦れにも強い特徴が有りますが、あくまでもショックリーダーとして考えるとナイロンのが勝ります。
しなやかなナイロンはフッキングが良く、魚が暴れてもバレにくいです。
それに最近のナイロンリーダーは擦れにも強くなっていますよね。



エギング、アジング、河川シーバスにはフロロを使っていますが、オフショアのキャストゲームやサーフにはナイロンを使いたいと思います。



フックは鋭く鈍りにくいSTX-45ZN
前日の夕方に買ったばかりのルアーを使ったので、フックは新品でしたが、何度も砂の上を引きずると針先は鈍ります。
良く使うルアーはSTXに交換していますが、買ったばかりだからそのまま使ったのが反省点です。
やはり、使う前に最初から交換しておけば良かったかな?と思います。





追い合わせを入れる
ヒットした時の合わせも軽かったと思います。
もう一度追い合わせを入れておけば良かったと反省しています。
但し、強過ぎると口切れも有りますので慎重にしなければいけませんが、ナイロンリーダーなら心配も減るかな。


これでもバラしは0にはならないでしょうが、少なくなればいいですもんね


出来る事はキチンとやって臨めば安心ですし、色々と考えて自分のスタイルを構築するのも釣りの楽しみの一つだと思います。


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
プロフィール

雷神

Author:雷神
千葉の雷神です。
最近は魚釣りにハマってます。

カヤックは黄色のX-13で内房がメインです。
陸っぱりはシーバスとヒラメを追い掛けています。
Gクラフト信者です( ´∀`)ゲラゲラ

楽天オススメ商品
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
119位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
23位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム