弘文洞跡と温泉と蕎麦と・・・

せっかくの休みだというのに月曜日の天気は雨。
バイクで出掛けられないので車で嫁とデートドライブです。

最近は仕事がハードで疲れが溜まっているので日帰り温泉でも。
そこで以前から考えていたルートにしてみました。

まずは養老渓谷へ向います。
今回の最初の目的は川の家の洞窟風呂です。
この川の家に向うにはトンネルを抜けるのですが、
このトンネルは少し変わっているので探索ネタにも面白いですね。


IMG_1488.JPG


二つのトンネルが繋がっています。
写真手前が向山トンネルで背の低い向こう側のトンネルは共栄トンネルです。
トンネルを抜けるとすぐの左側に川の家さんが有りました。


IMG_1489.JPG


すぐ脇には養老川が流れ、雨でしっとりした雰囲気がいいですね。
到着時間が早く、準備中だったので付近を散策しました。
養老川の脇に有る遊歩道を下流に向って歩くこと数分で
以前から気になっていた弘文洞跡が見えて来ましたよ。


IMG_1498.JPG


弘文洞跡は養老川支流の蕪来川と養老川本流の合流地点にあり、
川廻しのトンネルとして作られ、以前は隧道の上部がつながって道が通っていたのですが、
昭和54年5月24日の未明に突如上部が崩落し、現在の姿となったそうです。


弘文洞跡を過ぎてキャンプ場の横を通り、表の道に出ると観音橋が有ります。
この観音橋は養老渓谷のシンボルの一つにもなっていまして出世観音の入口です。


IMG_1505.JPG


雨で散り始めの桜も綺麗な観音橋からは養老渓谷温泉街を通って
ぐるっと回った形で川の家に戻りますが、途中で変な小屋?を見付けました。


IMG_1508.JPG


土産物でも販売していたんでしょうか?
場所はラーメン神田の向側辺りです。


さて、約1時間の散歩をして戻るとお楽しみの温泉です。
養老温泉一帯は各宿が別々の源泉を持っていて、その全てが黒湯です。
まるでコーヒーのような色の湯は肌をツルツルにする効果が有るそうですが、
川の家の洞窟風呂は更にサウナの効果も有って気持ちいいです。


IMG_1512.JPG


秘湯の雰囲気が溢れる洞窟風呂を独り占めです。
5人も入れば窮屈になりそうな小さなお風呂がいいです。
それでも身体を伸ばして湯に浸かると汗が出て身体も心も癒されますね。
いつまでもポカポカでツルツルの温泉でした。


さて、散歩と温泉の後は食事です。
以前なら何処のラーメンにしようか?となっていましたが最近は蕎麦に嵌ってます。
事前の調査では近くに、とても良い雰囲気の美味しい店が有るので行ってみました。


IMG_1515.JPG


手打ち蕎麦 ゆいです。古民家の佇まいが素晴らしいですね。
店内は御夫婦手作りのシックでモダンなテーブル席とギャラリーが有ります。


IMG_1522.JPG


蕎麦が出来上がるまで暫し店の中?部屋の中?を見学しました。
写真には有りませんが古いファインダー式のカメラや二眼レフとか
陶器や契約農家の手作り野菜なども有りました。
バイク好きに堪らないのが古いBSAです。
しかもナンバー付きの実動車輌なんですよ!


IMG_1518.JPG


そしていよいよ蕎麦です。今日は私が二色蒸篭で、嫁さんがゴマつけ蕎麦です。


IMG_1523.JPG


左側が栃木産の蕎麦粉10割の田舎蕎麦ですが、味わい深かったですね。
すすった瞬間に野の香り、噛んでいると野菜の味がしてくるんです。
右側は蕎麦の芯を使った更科蕎麦ですが、喉越し最高です。
それに更科なのに香りが高いのが嬉しかったですねぇ。
薬味も本山葵と新鮮なネギですし、ツユの出汁と返しのバランスもいいです。
トロリと濃厚な蕎麦湯は蛋白質の旨味と栄養がたっぷりでこれも良し。
自然に囲まれた山間の古民家で素敵な持て成しを受けた気分でした。
蕎麦に対する何かしらの思いを持って恋人同士や夫婦で訪れたい店だと思いますよ。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re:弘文洞跡と温泉と蕎麦と・・・(04/08)

せっかくの休日が雨とは残念でしたね。
でも、ゆっくり休めたようで良かったですね。
弘文洞跡へ向かう変わったトンネルは、それぞれ
名前があったんですね。
最近、雷神さんが忙しいのはラーメンではなく蕎麦に
係わる事なのかしら...!?
体調を崩さないよう無理せず頑張って下さい。

Re[1]:弘文洞跡と温泉と蕎麦と・・・(04/08)

takes_mさん

もしかすると雨で逆にゆっくり出来たかも知れません。
蕎麦は旨いですね。

良いこと、しましたネ

嫁さん大事、良いこと、良いこと。

洞窟温泉、次、いってみます!

Re:良いこと、しましたネ(04/08)

attanさん

温泉と蕎麦屋
奥さんと一緒にどうぞ。

キャンプで

確か小学校時分、養老渓谷キャンプ場で数回キャンプをした時に弘文洞の下はくぐってます。崩壊したのは知ってましたがその後訪れた事がないですねぇ。懐かしい

Re:キャンプで(04/08)

道楽親爺さん

崩落前の姿を見ているんですね。
今でもアーチが残ってればなぁ・・
いらっしゃ~い
プロフィール

雷神

Author:雷神
千葉の雷神です。
最近は魚釣りにハマってます。

カヤックは黄色のX-13で内房がメインです。
陸っぱりはシーバスとヒラメを追い掛けています。
ロッドはGクラフト・リールはシマノを使ってます。

楽天オススメ商品
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
184位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
37位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム