天平の甍

かつて奈良時代に聖武天皇の詔によって全国に国分寺と国分尼寺が建てられました。
千葉県にも上総・下総・安房に国分寺が有りますが、今回は尼寺の紹介です。

国分尼寺は正式名称を法華滅罪之寺と言いますが、
現在の市原市に有った上総国分尼寺は全国の中でも最大規模だそうです。

詳しい薀蓄は他の方に任せて簡単な画像で紹介します。

IMG_1799.JPG


資料館に有るメッチャ金の掛かった復元模型です。
ジオラマ手前の森は船場吉兆で使い回されたパセリですww
このジオラマは解説途中に回転ベットのように回りますww

資料館を後にして広い敷地を歩いて行くと・・・




IMG_1802.JPG


復元された回廊が有ります。
なるべく人工物を避けて写真を撮ったのですが、
天平の甍を感じて頂けますでしょうか?
中心部には金色に輝く灯篭?が有ります。


IMG_1804.JPG


回廊を一回りして外側から斜めに中門を写したのが↓です。


IMG_1811.JPG



何とも言えない歴史の流れを感じちゃいますね。
ちなみにココは我が家から徒歩5分です。



さて、天平の甍見学の後は古民家風の蕎麦屋を紹介します。
平成通りから館山道方向に少し入った所に有る田舎そば 田です。


IMG_1815.JPG


とても接客の良い老夫婦が迎えてくれる店です。
窓が広く、店の外に広がる田畑の緑が綺麗ですね。
小上がりで蕎麦茶を頂きながらセイロとカケを注文しました。

まずはセイロです。

IMG_1816.JPG


これぞ田舎蕎麦といった見た目でザラツキと星が有り、
太さ加減も茹で加減も申し分なく、やや濃い目のツユに合います。
しっかりした歯応えは外0.5の粉割合のようですが、
言われなければ誰でも10割だと思える立派な蕎麦でした。
何よりも蕎麦の盛り付けは下6玉上2玉流しの完璧な盛り方でした。
石挽きや手打ちを謳っていても一握りで一気に盛り付ける店が多い中で
このように食べ易く真面目で上品な盛り付けを見ると嬉しくなってしまいます。
当然の事ですが薬味も良いモノを使っていました。



続いてカケ蕎麦です。

IMG_1817.JPG

温かい蕎麦ですと、蕎麦の味わいとコシが弱くなりがちですが、
この蕎麦は固めの茹で加減で、しっかり蕎麦を感じさせてくれます。
ツユは醤油がやや強めですが、味醂の使い方も出汁の合わせも上手です。
柚子が全体を引き締め、薬味がアクセントになり、
最後に天カスを入れてみましたが、嫌味の無い甘さが良かったです。


ラーメンの食べ歩きもいいんですけど、蕎麦も奧が深くて旨いですよ!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
プロフィール

雷神

Author:雷神
千葉の雷神です。
最近は魚釣りにハマってます。

カヤックは黄色のX-13で内房がメインです。
陸っぱりはシーバスとヒラメを追い掛けています。
ロッドはGクラフト・リールはシマノを使ってます。

楽天オススメ商品
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
235位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
59位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム