ティップランエギングの季節

秋イカの時期ですが、活性が高く成長が早い個体は、既に沖に出ている頃です。

そこで、カヤックから狙える釣り方がティップランエギング!



勿論、キャストしてのエギングも出来ますがティップランは潮流に乗った流し釣りです。

ティップラン用のエギをカヤックの真下に落として着底させますが、この時にカヤックは流れています。

キャストしなくてもカヤックとエギに距離が出ますね。

ここで数回シャクリ上げてピタッと止めるとラインにテンションが掛かったままエギが水平移動します。

そしてイカがエギを抱くとロッドのティップが喰い込んだり弾かれたりしますので合わせればOK!

シャクリを入れて5秒くらいで抱いて来る事が多いですが、アタリが無い時は再度着底させます。

これを3回くらい繰り返すとカヤックとエギに距離が出過ぎて感度も悪くなり、シャクリも効かなくなる為に一度エギを回収して真下に再投入します。

ラインテンションが掛かっているティップランはアタリが目で見えるので分かりやすくて楽しいですよ!

これから1月くらいまで出来ますし、深場に落ちたイカも取れますので、カヤックやボートを持っている方は是非チャレンジしてみて下さい。



ティップランは専用のエギが有ります。
深さや流れの速さに応じて選ぶと良いでしょう。




リールは陸っぱりエギングで使っているのが有ればそのまま使えます。

エギングが初めての人もシマノやダイワの2500クラスのスピニングリールで良いのでシーバスなどに使っているので間に合います。

新しく購入するなら、エギング用に作られたリールが使い易いです。
手軽なシマノのリールなら



ダイワなら



オススメは




ラインはPE0.6号にリーダーは2号くらいが使いやすいと思います。


ロッドはティップが柔らかく7ftくらいまでの長さが適しています。
私は始めはボートシーバス用のMLクラスを使っていましたが、やはり専用モデルのがキチンとシャクれてアタリも取りやすいです。

手軽に始めるなら



オススメは




甘くて柔らかく、引きも楽しめるアオリイカ!
いよいよティップランエギングの季節です(*^_^*)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
プロフィール

雷神

Author:雷神
千葉の雷神です。
最近は魚釣りにハマってます。

カヤックは黄色のX-13で内房がメインです。
陸っぱりはシーバスとヒラメを追い掛けています。
ロッドはGクラフト・リールはシマノを使ってます。

楽天オススメ商品
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
294位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
43位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム