リールに巻くラインの量




この画像のスプールとラインを見て何か気付きますか? 



スプールの模様とか色とかラインの色が違うのは、間違いでは有りませんが、特に関係ないです。 






正解は越後製菓!(嘘)






一番気付いて欲しいのはラインの巻き量です。 

グリーンのラインは巻き量がほぼ適正ですが、白い方のラインは明らかに巻き量が多いんですよ。 

スプール上部の \_____/ な感じのテーパーの途中までラインが巻かれています。 

これでは例えステラだろうがライントラブルの原因になります。 

\ の下の所までギリギリに巻くのが飛距離も出てトラブルが無い適正な巻き量です。 

ところで、この白いラインが巻いて有るスプールですが、PEの1号がピッタリ150M巻けるスプールです。 

巻いたラインは某有名プロおすすめの150Mで定価5,800円します。 
で、1号を150M買って巻いてみたらコレです(´・ω・`) 

?と思われる方もいるかと思いますが、このラインは規格より太いんですよ。 

ちなみに、よつあみアップグレードの1.2号と同じ太さでした。 
そりゃあ強いはずですよね(笑) 

なのでラインを巻き替えてアップグレードの1号にしました。 
勿論スプールにピッタリでした。 

ラインの巻き量って大事ですよ! 
スカスカだと飛ばないし、多いとトラブルが起きます。
皆さんも一度自分のリールを確認するといいですね。 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
プロフィール

雷神

Author:雷神
千葉の雷神です。
最近は魚釣りにハマってます。

カヤックは黄色のX-13で内房がメインです。
陸っぱりはシーバスとヒラメを追い掛けています。
ロッドはGクラフト・リールはシマノを使ってます。

楽天オススメ商品
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
320位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
32位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム