間違ったリールのメンテナンス



竿は洗って拭けばいいかも知れませんが、リールは精密機械です。

ですから取り扱いを間違えると寿命を縮めてしまいますよ。

洗う時は真水で塩や汚れを流しましょう。
お湯とか汲み置きして温かくなった水はグリスを流してしまいます。



で、今回の教材?
カヤックフィッシングの仲間のリールです。

シマノのアルテグラですが、メーカーメンテナンスは一度も出していません。
買ってからずっとボディーのメンテナンスホール(オイルインジェクション)からオイルスプレーしていたそうです。


画像のほぼ中央に有るマイナスドライバーなどで開けるキャップの所がメンテナンスホールです。

カヤックフィッシングで使うので、海水をモロに浴びますし、カヤック本体のロッドホルダーに差したタックルは毎回塩まみれになります。

こちらのアルテグラは使う時にゴリゴリなるので、その都度メンテナンスホールからオイルをたっぷりスプレーしていたそうです。

オイルを掛ければ一時的に直るけど、次に使う時はゴリゴリ。




なもんで、預かってオーバーホールです。
分解している時に手がオイルだらけになりましたが、やはりグリス切れです。

メンテナンスホール(オイルインジェクション)が有るリールで良く起こる不具合ですが、オイルを差し過ぎるとグリスが流れてしまいます。

でも、グリスをスプレーするとクラッチが滑ってスプールが逆転してしまいます。

出来れば5釣行に一度くらいのオイルメンテナンス(ほんの少し一秒以下)しながら、年に一度くらいはメーカーメンテナンスが良いですね。



メンテナンスに出すほどでもないナスキー
こちらはメンテナンスホールが無いので出来る範囲のメンテナンスだったようです。
同じシマノでも部品点数や作りが随分違いますね。
グリスも残っていたので洗浄、グリスアップ、丁寧な組み立てで内部は凄く良い状態になりました。

ですがボディーが傷だらけでスプールエッジにもベールにも傷が有ります。
これではキャスト時にラインが切れる恐れが出てきます。
どうしても地面に置く必要が有るならハンドルを下にするか、リールガードを付けるといいですね。

普段のリールメンテナンスの油脂類ですが、自分で分解組み立て出来るならグリスでもオイルでもお好みで良いでしょう。
適材適所で使い分けてメンテナンスすれば、目指したのは、いつまでも変わらない巻き心地になると思います!

ですが何事も過ぎたるは及ばざるが如しですので、オイルの差し過ぎには注意してくださいね。

オススメのオイルはシマノ純正のザルスです。
今までのオイルよりも潤滑性、浸透性が良くなり、サビから守ってくれます。




こちらもオススメです。
ナスカルブスプレーは水が掛かっても流れない優れ物です。



溶剤や灯油成分が入ったオイルスプレーは使ってはいけません。
あまり安いのや、有名なCRC5〇6はリール向きでは有りません。


リールにはオイルよりグリスのが良い場所も有ります。
部品を一つも外さないで注油出来る所は殆どグリススプレーです。
分かっていてオイルを使うのは有りですが、自分で分解出来ない人はグリスにしておきましょう。

オススメのグリススプレーは安心して使えるシマノ純正。




シマノは世界一の自転車メーカーなので、ギアに関しては技術もノウハウも凄いです。
色々なオイルやグリスが有りますが、ステラにも使われているシマノ純正が最初は良いでしょうね。
シマノ以外のリールでも問題なく使えますし、むしろ使って欲しいです。

その内に自分で分解整備出来るようになったら他のケミカルを試すのも楽しいですし、逆にハマります(笑)


↓色々な釣り情報が見れます。
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
プロフィール

雷神

Author:雷神
千葉の雷神です。
最近は魚釣りにハマってます。

カヤックは黄色のX-13で内房がメインです。
陸っぱりはシーバスとヒラメを追い掛けています。
ロッドはGクラフト・リールはシマノを使ってます。

楽天オススメ商品
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
41位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム