シーバスやヒラメゲームでルアーを遠くまで飛ばすには



ソルトルアーゲームで人気のシーバス、サーフでのヒラメ。

もっと遠くまでルアーが飛んだらいいのに…


と思った事は誰にでも有ると思います。


ルアーを遠くまで飛ばす要素は幾つも有りますが、一番簡単なのは竿を変える事。

でも、その前に出来る事も有りますね。


大事なのは正しいキャストをするです。

では正しいってどんなの?


一つはルアーの重さに見合った垂らしになっているか?
まずはリーダーの長さを1m~1.5m程度にして、キャスト時にノットがガイドの外に出るようにします。
鉄板バイブやメタルジグなどの重いルアーでしたらリールの位置くらいまで垂らします。

そしてキャストの時に振り子のようにルアーを前後に揺らして、ルアーが一番後ろになり、重みが竿に乗ったのを感じて投げます。

投げると書くとボールを投げる時のように腕が円を描くような軌道を思い浮かべますが、実際には前に押すつもりのがいいです。
この時に大事なのは目線と引き手になります。

どうしても水面を見てしまいがちですが、前方斜め上を見ながらルアーを射出するようにします。
引き手も力強く、むしろ引き手に意識をもって下さい。

イメージとしてはリールが最も先に前に出て、引き手とティップが弓の上下になる感じでしょうか。

これで竿が充分曲がり、ルアーを勢い良く飛ばしてくれます。

お分かりかと思いますが、引き手は出来るだけグリップエンドを掴んだ方が支点と力点が長くなりますので初速も速くなり、より遠くに飛ばす事が出来ますね。



次はラインです。
自分は、よつあみのX8アップグレードの0.8、1、1.2号のPEをシチュエーションに合わせて使用しています。

ラインに関しては好みも有ると思いますが、よつあみは線径が基準通りなので巻きやすいです。

例えば1号を200m巻けるスプールならテンション掛けて巻けばピッタリに巻けます。

他のメーカーのラインで同じように巻いた時にスプールよりはみ出したり、ラインが余る事が有りました。

何故か?
強度が高くて良いラインだと思わせるように、実際には1.2号の線径なのに1号と表記して販売しているからです。

同じ条件ならラインが細い方が飛距離は伸びます。

ですから、トラブル発生率が低く飛距離が出るアップグレードを使用しています。

更に、ラインをコーティングする事で摩擦抵抗も少なくなりますね。

有名な商品で「PEにシュ!」などが有りますが、自分はホームセンターでも買える無溶剤タイプのシリコンスプレーをガイドとラインに掛けてます。

フッ素とシリコンの違いは有りますが、手軽に使えるっていいですよね(*^_^*)


さて、正しいキャストと良いラインと簡単なコーティングでルアーの飛距離は伸びると思いますが、人間誰でも欲が出て来ます(笑)

もっともっと飛ばしたい!
これはもうタックルを変えるしか無いですね。


では、どんなタックルがいいのか?


それについては改めて(·∀·)ニヤニヤ

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
プロフィール

雷神

Author:雷神
千葉の雷神です。
最近は魚釣りにハマってます。

カヤックは黄色のX-13で内房がメインです。
陸っぱりはシーバスとヒラメを追い掛けています。
ロッドはGクラフト・リールはシマノを使ってます。

楽天オススメ商品
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
41位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム