ベイトシーバス練習再開~メカニカルゼロへの挑戦~

朝の内の雨と風の為にカヤックフィッシングはお預け。

ならば地元港湾でシーバスゲームと思って出掛けたが、あの手この手で誘うもアタリすら無し(╥ω╥`)

ベイトの姿も見当たらないので気分転換にベイトタックルでのキャスト練習をしてみた。




マグオイルがチビチビと滲んでるモアザンPESVだが、ダイワから大丈夫とのお墨付きを貰ったリールである。(笑)


今まではメカニカルを少し締めて、クラッチを切った時にルアーがゆっくりと落ちるくらいにしていたが、今回はスプールがほんの少しだけカタカタする設定にしてみた。



なんたってベイト初心者なので慣れるまでが苦労なのだ。


メカニカルを強くすればノーサミングでもバックラッシュしないでキャストは出来ていたが、それでは飛距離が伸びないので、最初からサミングありきでメカニカルゼロへの挑戦だ。


それが普通だから!
って言われたらそれまでだけど、やっぱりバックラッシュの恐怖って有るじゃん(´・∀・`)


26gのバイブレーションをセットし、マグブレーキは最大の20で、キャスト直後から着水までスプールに触れたままで投げてみる。


バックラッシュしない!
飛距離も多分メカニカル締め付けよりは伸びてる気がする。


次はマグブレーキを15で同様にキャスト。
バックラッシュせずに先程より少し飛んだヽ(・∀・)ノ


このセッティングのままサミングを緩めたり、サミングのタイミングを変えたりすると、何となく感じが掴めて来た。


最終的にマグブレーキ7で自分なりのサミングとヘボキャストでルアー回収時のハンドル回転数80回まで伸びるようになった。

モアザンの最大巻き上げが86cmなので多分60mは飛んでるんじゃないかな。

まだまだ満足出来る飛距離ではないけど、以前は40mも飛んでいなかったので進歩したと思う。

80m以上飛ばすにはロッドの性能とかキャストの方法とか(今は、ゆったりバックスイングのオーバーヘッド気味)色々と有るんだろうね。


フィッシュマンのブリストベンダバールを使っている人のインプレを見ると、凄い飛距離だな…と思う。
でも、今の自分が使っても同じような飛距離は出ないだろう。

まぁ自分がベイトタックルに求めているのは秋の雨後の増水激流河川でのランカーと夏の漁港や堤防からのシイラや青物なので、飛距離よりもパワーだけど、それでもやっぱり飛ばしたいよね。

ラテオ89MLB-Qだってベイト初心者には手頃で使い易いロッドだと思う。

練習用にたまたま中古で見付けたロッドだけど、ちゃんとシーバスを釣って仕事をさせてあげたい。

GクラフトのエントウBとかデイスペBとかも気になるけど、今はもっと使い込んでベイトタックルに慣れる事のが大切。

一年後には多分発売されるだろうMSB-TRを楽しみにしながら…


シーバス情報満載です!

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村千葉の釣り情報です。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
プロフィール

雷神

Author:雷神
千葉の雷神です。
最近は魚釣りにハマってます。

カヤックは黄色のX-13で内房がメインです。
陸っぱりはシーバスとヒラメを追い掛けています。
ロッドはGクラフト・リールはシマノを使ってます。

楽天オススメ商品
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
271位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
28位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム