Gクラフト セブンセンス ミッドウォーター ウェーディングカスタム MWS-952-SR インプレッション



陸っぱりのシーバスゲームをそれなりにやっていてロッドの事を気にしてる人ならGクラフトの名前は聞いた事が有ると思う。

まぁアチコチで書かれているが、Gクラフトのロッドを複数本所持使用している人は好き者で少し変態かも知れない。


ホームページの更新なんて事は考えず、カタログも作らないメーカーだ(笑)
代わりにテスターさんがブログに書いてくれてますけど。

マンドレルにカーボンを巻き上げ自社窯で焼き上げガイド位置を決め、何度もテストして作り込む。


時々こんな馬鹿みたいなロッド誰が使うの?って思うのが有るけど、「作りたいから作る!こんなん有ったらおもろいやろ(´・∀・`)」ってメーカー。


各地の釣具店で受注展示会を行い、Gクラフトのロッドに興味を持った人にロッドを持たせ曲げ込みの儀式を行い、ブランクの説明をする。





Gクラフトの伝道師?魚心観工房のK専務こと川崎さんにカーボンロッドを語らせたら(決して多くは語らないが)質問に対して本当に納得出来るまで教えてくれる。

最後に残るのはブランクス

簡潔だがロッド選びにこれほど的確な言葉は無いと思う。

自分はGクラフトのロッドに出会うまでAPIAを使っていたが、ある時にGクラフト信者?の釣り仲間に誘われて受注展示会に行き、曲げ込み体験と専務の熱い思いを受けて洗礼を受けた(笑)

このGクラフトってのは魚心観工房のブランドだが、とにかく飛距離が凄い!

投げ竿での飛距離を争うトップキャスターズトーナメントにおいて7種目中5種目の優勝者が使っていたロッドが魚心観工房の物だった。

では飛距離だけなのか?

そんなことは無い。
全てのロッドがランカーを想定しつつ、様々なシチュエーションで専用に近い感じでラインナップされている。

都市型河川、磯、サーフ、港湾、小中河川、ナイトゲーム、デイゲーム、ウェーディング、河口。

さらには冬の北西風、雨後の激流、下げのドリフトなど…

あらゆるシーバスゲームに対応した各ロッドを見れば必ず求める1本に出会えるのがGクラフト セブンセンス。


そして、一度使うと他社のロッドが使えなくなる事から「Gクラフト被害者の会」などの良い意味での信者(笑)が多数いる。


自分もかなり熱心な信者です(^ω^)


さて、かなり前置きが長くなったがSRシリーズについてインプレしたい。

現在発売されているのは、頂点に完全プロフェッショナル仕様のリミテッドが有る。




自分が使っているのはMJLS1032TRです。

このリミテッドシリーズは感度が半端ないですよ!

80m先で



こんな小さな舌平目の赤ちゃんが掛かってもビンビンに生命反応が伝わって来ます。


で次にTRシリーズですが、今までのPEシリーズからガイドをトルザイドに変えると共にブランクスを全て見直して軽くなりながらも全てにおいて性能が上回っています。

多分、次の受注展示会で何か買うと思います。
何でもいいから何かでは無くて、欲しいのが色々有るけど全部買えないから何かです(笑)


そして昨年生まれたSRシリーズ。
超高弾性の46tカーボンは使わずに、30t中弾性と40t高弾性カーボンで作ったロッドです。


このt数ですが、1ミリ四方のカーボンを倍に伸ばすのに必要な力の事だそうです。

46tを多用しているリミテッドシリーズなんてキンキンの棒ですが、その反発力を活かせるキャストが出来ると\(°Д° )/ってくらい飛びます。


あ、SRシリーズでしたね。
〇〇カスタムと呼ばれるSRシリーズですが、自分が使っているのは952SRです。
このシリーズのガイドはチタンSiCになっています。

PEやリミテッドを使ってGクラフトのクセの有るロッドを自分なりに使いこなす難しさの中に喜びを感じる変態信者には
(固そうに見えて声を掛けるのを誰もが躊躇うような美人でスタイル良くて頭も育ちもいい女性を口説き落として結婚するみたいな?)物足りないと思いますか?

確かに(今度は車に例えます)リミテッドはF1でPEシリーズはスーパーカーですが、SRだって素晴らしいです!

トゲやクセが無く、軽くて振り抜けが決まり、扱いやすくて良く飛びます。
最初に952SRを使った時に思ったのが、なんでもっと早く作らなかったの?でしたね。

オートバイに例えたら400ccクラスのスポーツバイクじゃないかな。
ある程度は誰にでもそこそこ扱えてパワーもスピードもだけど使い手によっては更に良くなるし底知れない何かが有るね。


見た目の比較をすると違いは有るよ。




まずはロッドケースだけど、上からSR、PE、リミテッドの順番ね。

ロッドが安いからケースの質を落としたのでは無く、ケースの質を落とす事で求めやすい価格に抑えながらもブランクスの質は下げない感じです。



このように#1と#2が別々に入ります。





次にリールシート周りね。





同じく上からSR、PE、リミテッドです。

SRはダウンロック、PEとリミテッドは上下可変タイプ

装飾も違うけど、SRのリールシートは思った以上に軽く出来ています。


これもブランクスの性能を落とさずに価格を下げる為の手段ですね。





ロッドベルトは上がPEやリミテッドで下がSR。
SRのが短いけど、今後は全部これでいいんじゃない?って思うくらいです。


で、952SRですが、20gくらいのシンキングペンシルが本当に気持ち良く飛びます。
ミノーもバイブレーションも使い易いし、アクションも付け易い。





ある程度の大きさの魚が掛かれば綺麗にバットが入り、継ぎ目など無いように素直に曲がります。

ここからがGクラフトの良さが本当に分かる所です。





この時なんか水深の有る場所の堤防で30mくらい先でヒットしましたが、タモ入れまで30秒くらいでした。

最初のエラ洗いの後は一切主導権を渡さずシーバスを寄せました。
殆ど回収しただけ( ^Д^)ゲラゲラ





これの尾の付け根のスレ掛かりの時は時間が掛かりましたが、#10フックも伸ばされずPE0.8でも切られないブランクスのタメで魚の頭がこちらに向く事が出来ない掛かり方でも寄せ上げました。


適応ルアーのマックスが28gの他社で言う所のMLクラスですが、素晴らしい仕事をしてくれました。

これからもPEシリーズに変わってTRとSRが続々と発表されると思いますが、信者も普通の人も是非使って欲しいと思います。

この価格でこの性能は買いです!



↓信者3点セット(·∀·)ニヤニヤ





2015年、G-CRAFT新ブランド「SEVEN-SENSE SR」が始動する。そのコンセプトは、「SEVEN-SENSE PE」と同レベルのブランクスを設計すべく、30t+40tの原材料を駆使し、「トゲ」や「クセ」を排除した「扱いやすさ」を最重要視したうえで意匠、各種パーツのコストを限界まで削ぎ落としたチタンフレームSiCリングと自社製造ブランクスで構成するブランド、それが、「SEVEN-SENSE SR」である。
その第一弾は、初代SEVEN-SENSE誕生からの儀式とも言うべき「MID WATER」がその大役を担う。この「MID WATER」は、今までのどの「MID WATER」とも根本的に設計が違う。厳密にはマンドレルテーパーが一番キツイ。その理由はグリップデザインにある。樹脂製リールシートは思いのほか軽い。故にブランクスエンドにモーメントを配置する設計でなければあからさまに持ち重りが発生する。見た目は削るが基本性能は削らない。「これ以上は絶対に譲れない」その境目を形にしたロッドであり、ブランドである。さすがに原材料の「差」は存在する。が、その「差」をこのロッドを持っただけで即座に判断するのは恐らく難しい。それ程、この「SR」は「ヤバイ」。

【MWS-952-SR】 <テスト概容>
●ウェーディングミノー主体の干潟から緩い流れの河川で遠投性を重視した12cm~14cmのミノーゲームに適しており、特に投げやすさを考慮した「ミート」しやすいティップとバットに調整。魚が掛かればPEシリーズよりもスムーズに曲がってタメが利かせやすいバットを設計。ルアーウエイトの許容範囲は8gシンペン~28gバイブ、ベストルアーウエイトはミノーの場合、概ね16g~23g。バイブの場合は鉄板系を含め概ね12g~20gが使いやすいブランクスとなっている。


【MWS-952-SR】
■Length 9'5'' 2pcs SPINNING MODEL
■Lure max : 28g Luer best : 19g
■Line max : PE1.2 best : PE1.0
■Rod wt : 134g

税込み定価 42,660円


ジークラフト セブンセンス SR MID WATER MWS-952-SR


↑ナチュラムなら税込み36,250円



ちなみに自分が現在一番欲しいのはコレ↓

ジークラフト モンスター ストリーム ベイトリミテッド MSLB-912-TR



892待てないからポチりそう(笑)



シーバス情報満載です!

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
プロフィール

雷神

Author:雷神
千葉の雷神です。
最近は魚釣りにハマってます。

カヤックは黄色のX-13で内房がメインです。
陸っぱりはシーバスとヒラメを追い掛けています。
ロッドはGクラフト・リールはシマノを使ってます。

楽天オススメ商品
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
474位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
66位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム