シーバスデイゲームの考え方




コアマンカフェに行って来ました!

シーバスデイゲームと言えば泉さんですね。

コーヒーを飲みながら色々な話が出来ました。


泉さんのブログを参照する


泉さんをはじめとするコアマンスタッフのタックルって非常に繊細なんですよ。

カーボンソリッドティップのエギングロッドかアジングロッドみたいな感じです。

リールはシマノの2000クラス
ラインもPE0.4にリーダー2号です。
秋イカ用?ってくらいですね。

但し、このタックルではIPやPBなどの重いルアーのフルキャストは出来ません。

コアマン(COREMAN) IP-26 アイアンプレート


コアマン(COREMAN) PB-24 パワーブレード レアメタル



アルカリやVJなどのワーム系ルアー用ですね。

コアマン(COREMAN) CA-01アルカリ


コアマン(COREMAN) VJ-16 バイブレーションジグヘッド



ルアーのフックも全て小さいです。
#10とか大きくても#8、まずは喰わせる為に出来るだけフックを小さくするって事みたいです。

これはオヌマンも同じ事を言ってました。

そしてグニョングニョンに柔らかいティップの細いロッドで曲げてバラさないシステムです。

最初から港湾や沖堤防のセイゴ、フッコサイズをメインに考え、晩秋のナイトリバーなどは無視しています。

まさにデイゲームに特化したブレないブランドだと思いました。

バラしが多い人は強いタックルで強引なやり取りをしている事が多い。

その通りですね。
まずは乗せる、そして柔軟に曲げていなして時間を掛けて楽しんで慎重に取り込む。
上手な人は何も言わなくても出来ている事です。

繊細なタックルなら慎重になるし、シーバスは大して引かないから(笑)

確かにアジングしてたらシーバスが掛かった!なんて時は慎重になるから時間掛けるけどキャッチ率は高いですよね。

青物みたいに走らないし、無理に巻かなければエラ洗いもしない。

だから#10フックでも大丈夫なんだそうです。

一日に何十匹も釣れないんだから、1匹ずつ時間を掛けて楽しむ方が面白いでしょ!って考え方いいですね。


但し、それが出来る時期と場所によりますけど(笑)

直接色々な話が出来るイベントって出来るだけ参加するといいですよ!
何かの時に誰かの言葉を思い出すって事も有ると思いますから。


追記 コアマンのIPって赤金カラーが無いんですよね。
その話しをしたら、泉さんが次回から作ってくれるような事を言ってくれました!
是非、縦のホログラムでお願いします(^ω^)
これが発売されたら、雷神オリジナルカラーだな( ^Д^)ゲラゲラ

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いらっしゃ~い
プロフィール

雷神

Author:雷神
千葉の雷神です。
最近は魚釣りにハマってます。

カヤックは黄色のX-13で内房がメインです。
陸っぱりはシーバスとヒラメを追い掛けています。
ロッドはGクラフト・リールはシマノを使ってます。

楽天オススメ商品
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
281位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
35位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム