オフロード初心者調教しますた(・∀・)

勇者ヘタレ調教シリーズ・シーズン2「金太の大冒険」です。






キャンプ道具を積んだままケモww

さてさて、そして月曜日。
前の日記を読んでない方はこちらを先に読んでね。

朝は軽くコーヒーだけで済ませましたが、隣のテントでは雑炊食べてるし。
さて撤収出来たら南下しましょう!って事で向かったのは富浦の釜新肉店であります。
ここでイカメンチが朝ごはんの代わりです。
ヤッシーには10時のオヤツでしたね。


P4010401.jpg


そして近くの多々良浜へ。
夏休みには市営のキャンプ場になる場所です。


P4010402.jpg


俺」時間も有るし宮城まで行っちゃおうぜ!

ヤッシー」(;゚д゚)ェ. . . . . . .

館山市宮城っす。


P4010403.jpg


海沿いのルートを使って久し振りの相浜亭で「なめろう丼」600円!
今回はワラサでしたが相変わらずネットリでタップリで旨かった。
テレビ朝日が撮影に来ていましたよ。


P4010404.jpg


このあと三芳村付近の林道を走ってから
デザートに「オアシスブルーカフェ」に向かいましたが定休日。
長浦の「ろんろん」も定休日なので帰る事に。
そして鹿の山まで来た時に悪魔の囁きが・・・
(ヤッシーをオフロードの世界の泥沼に引きずり込むんだΨ( ̄∀ ̄)Ψケケケ)
って事で荷物満載&背中のリュックも満載状態で・・・

P4010405.jpg


で、こんな所とか


P4010407.jpg


あんな所とか


P4010408.jpg


そんな所まで・・・
泥沼にハメるつもりがハマりました( ´,_ゝ`)プッ


 ___ 見えませーん
∥  |    |/
∥現実 ∧_∧  ∧∧
∥ \( ・∀・) (゜A●)
  ̄ ̄⊂  ) ( と)
    し`J  UU

 ___ 読めませーん
∥  |    |/
∥空気 ∧_∧  ∧∧
∥ \( ・∀・) (゜A●)
  ̄ ̄⊂  ) ( と)
    し`J  UU

 ___ 知りませーん
∥  |    |/
∥常識 ∧_∧  ∧∧
∥ \( ・∀・) (゜A●)
  ̄ ̄⊂  ) ( と)
    し`J  UU

 ___ ありませーん
∥  |    |/
∥未来 ∧_∧  ∧∧
∥ \( ・∀・) (゜A●)
  ̄ ̄⊂  ) ( と)
    し`J  UU


P4010410.jpg


なんとかクリアしたらこんな感じ


P4010412.jpg


















(*゚ロ゚)ハッ!!











pp_dch04.jpg


なんか似てると思ったら・・・


で、帰り際にドーナツではなく
「アンドーの手造り肉まん」を買って帰りましたとさ。

3月16日の林道ツーリング動画

ドラクエ風にしてみました(・∀・)


赤ジムニールート周回ツーリング

DSC_0191.jpg

山の中走ろうぜ!って言ったら13台になっちゃいました(´▽`*)アハハ
30年以上前に誰も通らなくなった山の中の廃道です。
バイクで、こんな感じだったら自転車とか馬車とか無理ですね。

集まった人達は頭のネジ・・・とか
疲れるとか怖いとかって言葉を忘れた人達ですね( ^∀^)ゲラゲラ
もうね、メチャ楽しいですよ。
バイクの楽しみってイッパイ有りますけどね。
でもケモ道アタック?を知らないとか
自分にはちょっと・・・なんて思ってるアナタ
そう、今このブログを読んでるアナタもですよ!

楽しいから一緒に走りましょう!

夜道を素っ裸で歩くより気持ちいいですし
コンビニのレジ係が若くて綺麗なお姉ちゃんの時に大量のエロ本を買うより変態な遊びです。
痛いのが好きで、人が苦しむのを見るのも好きなSでMな人の集まりです。
今ならもれなく調教師が御案内いたしますwww

なんのことか分からない方は動画を御覧下さい。



ヒデさんのブログとか


イケさんのブログでも紹介されておりますです。

未知の道へ・・・



2月17日の日曜日。
とっても寒い中に、変態が5人集まった。
市原道の駅あずの里に9時集合。
気温は1度くらいであろうか・・・

当初ダムや廃トンネル探索の予定でK市方面へ向かうが
途中の上総中野駅にて、あまりの寒さ
そう、手足の先が痛みチ○コが縮むので
予定を若干変更し、身体が温まる遊びへと切り替えたのだ。
上の画像は中野駅にて、やる気が失せてしまいそうな一コマである。

さて、無事に某ルートの入口へたどり着き、
走り始めるのだが、途中までしか行ったことがない
未知の道なので先行きが不安だったりもする。


P2170312.jpg


少し走ると、前回の探索で確認した場所まで来た。


P2170313.jpg


こっから先は・・・俺しーらね!
完抜けだとの噂は聞いているが、分からないんだもん。
そして間も無く第一のアトラクションにやってきた。


P2170314.jpg


画像だと分からないが、かなりの急な下りでしかも左側は崖。
なんとかクリアすると、もっと凄い場所に出た。
先ほどよりも更に急で右カーブの下り坂だ。


P2170315.jpg

P2170316.jpg


馬の背も有ったり木の根っこが有ったりガレ場も有る。
かなり省くけど、つづら折れも高低差が有ったなぁ・・・
で、下の画像は殆ど最後の場所。


P2170319.jpg


枝のアーチをくぐり抜ける感じです。

P2170321.jpg


P2170323.jpg


そして何とか2時間くらいかかって
ようやく下界へ下りる事が出来ました。


P2170325.jpg


自分にとっては楽しいルートで、
下りだった事も有り、苦労する場所は無かったのですが、
崖が有ったり途中で猪が飛び出て来たりしたので
それなりに注意は必要な道でした。
今度は、もっと変態な人を集めて上ってみたいと思います。


セローのメンテナンス

CA3I0662.jpg

涼しい午前中にセローのオイル交換をしました。
2,000キロで真っ黒ですよ〜
なんたってオイル容量1リッターですから(;゚д゚)ェ. . . . . . .
今回はカストロの安物ですが、まあ大丈夫でしょう。

ついでにチェーンを張ってスプレーしてあげました。
これで暫くは快適に走れそうです!

フカフカ坂

110830_1312~010001.jpg

また新しいルートを見付けました!
1本の轍も無く、未だ知られていない場所です。
初めてだったので徒歩で探索しましたが完抜けです。
感覚的にはDショート・江戸道・卵ルートを混ぜたような山道です。
途中には馬の背やキャンバーや倒木なども有って距離も有ります。


110830_1519~010001.jpg


最終的には民家の裏の畑脇に下りて来ますよ。
そこで畑仕事をしていた地元の方に話を伺うと、
以前は生活道路として使っていたが、近くに舗装路が整備され
バイクや自動車を使うようになり、今では誰も通らないそうです。
急に私が山から下りて来たので、少し驚いていたくらいです。
地形図を元に探索していたので、入口は分ったのですが
出口は随分と違う方向へ出て来たみたいです。
もしかしたら私の見落としで他にも分岐ルートが有ったかも知れません。


110830_1526~010001.jpg


↑こちらは出口の画像になりますが、余程じゃないと探せないでしょう。
で、このルートですがツルツル坂のように滑る岩盤は無いのですが、
落ち葉に埋もれてフカフカになった坂が有るんです。
なので、「フカフカ坂」って名前を付けてみました。
ルートの一部に崩れた場所が有り、徒歩以外では谷落ちの危険が有るので
10月に、その区間の幅員拡張工事を行う予定ですが、
それまではかなり危険ですので、バイクで一人で行かない方がいいです。
ちなみに携帯電話の電波圏外なので助けを呼ぶのも大変です。

具体的な場所については、現在の所、危険が伴う為にお知らせ出来ませんが
出口付近のヒント画像だけ載せておきます。


110831_1330~01.jpg



↑こ~んなオブジェが有ったりとか・・・



110831_1342~02.jpg


↑こ~んな水汲み場が有ります。


他にも大多喜の伊藤大山付近で見付けた長い周回ルートも有ります。
こちらは「デジャヴ」って名前を付けてみました。
周回して来ると思いがけず、良く知ってる場所に出てしまうんです。
こちらも廃田の脇道や古い橋を渡ったり、急な坂を下りたり面白いです。
とは言っても初心者向け、ツーリング向けの簡単ルートですけどね。
新しいルート探しって楽しいです!

新年初泥公団だっ!

昨年暮れに予算が下りたので、正月から工事の運びとなった。
その内容は・・・






ツルツル坂修復





水没トンネル排水路設置



なんて事をやってしまおう    である。



今回集まったのは勿論




doro.JPG


千葉支部のメンバーである。(そんなのあるの?)







勝手に作りましたが何か?


で、attan隊長から「スコップやチェーンソーが有れば持って来るように!」
との指令が有った。これはいよいよ本格的な工事になりそうだ。
そんなこんなでツルツル坂の上の広場に集合した。
ここでメンバーを紹介しよう。
attanさん masa6さん マツさん p-sigeさん ねこさん、そして雷神の6人だ。


まずは「ねこさん」が持ってきたネコに砂利を積んで現場へ向う。
なんだかミョーに作業着姿が似合ってしまう雷神なのであった。




IMG_2245.jpg



七部の鳶シャツに超ロンのニッカ、そして頭にはタオルなのだ。


で、みんなでセッセとツルツル坂を修復していく。



IMG_2247.jpg




砂利を敷いて、その上から土を被せていった。


IMG_2248.JPG



あまり簡単にするとツマラナイのでちょっとだけね。
まあ、大雨が降ったら流れちゃうんだろうけどさ。
いいの・・・ネタだから。



続いて水没トンネルへアプローチする道に被さった倒木を切る作業だ!
今回は「ねこさん」「p-sigeさん」がチェーンソーを持って来てくれた。



チェーンソーと言えば














やっぱりコレでしょ!






























IMG_2241.JPG



↑危なすぎる雷神@ジェイソンの図









そしたら同じ事を考えていた人がいた。












IMG_2242.JPG



p-sigeさんは手作りで面を作って来たようだ・・・
一人で(・∀・)ニヤニヤしながら夜中にコッソリと・・・
家族にも誰にも見付からないように・・・




なかなかいい人だ!






さて、着替えて水没ルートへ行き、倒木をメッタ切りにする。


















IMG_2254.jpg





いやあチェーンソー楽しいっす!




続いて水没トンネルの水を排水する為の溝を掘った。




途中の作業省略・・・



IMG_2269.jpg



俺たちいつかプロジェクトXに出るかもな!


で、その後は楽しい昼飯の時間だ。
水没裏ルートを歩き川廻しの「怒田の滝」の前で食べた。
今日の御飯はattanさんからの差し入れである。

attanさんは手作りで海苔弁当を作ってくれたようだ・・・
一人で(・∀・)ニヤニヤしながら夜中にコッソリと・・・
家族にも誰にも見付からないように・・・


なかなかいい人だ!

IMG_2276.JPG

そして俺もラーメンの湯切りなんかをやった。
多分この場所で湯切りをやった人はいないだろうし今後も出ないだろうなぁ。

んで、車を停めてあるツルツル坂の上の広場まで歩きで戻る。
下りて周回して戻ると結構な距離があるね。

すると「mitu」さんからメールが来た。


「今ツルツル坂にいるんですけど・・・」


歩いて戻っている事を伝えて山道を歩く。
なんかハイキングとか低山くらいなら登ったりしたいなぁと思った。
景色もいいし、健康にも良さそうだもんね。
今年はトレッキングもしようかな。


やがてツルツル坂を上り、広場に到着すると・・・

















IMG_2282.jpg





mituさんは豚汁を作って待っていてくれた。
いやあ旨かったっす。ごちそうさまでした。
食べながら色々と話してたら@ootaki親分も奥さんと
2台のバイクでツーリングしながら寄ってくれた。


どうやら今年も楽しくなりそうだ!


雨の水没下りルート

さて、日記は昨日の続き。
ツルツル坂迂回路を上がってヒトヤスミした後は
水没トンネル裏に出る下りのルートへアタック開始です。
少し走ると急な九十九折れの下り坂です。
ここを下りたら後戻り出来そうにないっす。
しかも暫らく誰も走っていなかったので草ボーボー。
ついでに崩落なんかで道が無くなってるので泥公団。

HI3B0069.JPG

道を探し打ち合わせして鉈で切り拓きルートを確認します。
右から攻めるとか、ロープで上げようとか話しながら
結局はアタックするしかないんですけどね。

sui7.jpg

次第に雨も強くなり汗と雨と泥で身体もバイクもルートもゲロゲロ。
それでもアタックを続けなければ帰れないので全員必死。

HI3B0083.JPG
(まだ元気が有るみたいです。)

廃田の中を走ったり沢に下りてから駆け上がったり

(゜∇゜ ;)エッ!?これ登るの?みたいな・・・

sui3.jpg

オラオラ(# ̄  ̄)σ早く来いや~みたいな・・・

んで、みんな果敢にアタックするが・・・


HI3B0078.JPG

キャ━━━━(゚∀゚)━━━━!!  とか。

HI3B0081.JPG

捲られてバックドロップだ(#゚Д゚)ゴルァ!! とか。

そんな私は加速距離を取ってアクセルワイドオープンだぁ!
ってな勢いで、何とか坂は上ったもののルートを外れて落ちそうに。

sui8.jpg

でも見せ場が作れて良かったっす。
草が無ければ左下の沢まで数メートル転落してました。
あの位の勢いが無いと2ストじゃトラクション掛かりにくいです。
(上手な人はキャンバーから斜めに上がってたけどね)

で、幾つかの難所を越えると水没トンネルとは別の
少しだけ水没?なトンネルが有りました。

HI3B0064.JPG

結構グチャ泥でビシャビシャな感じです。
深さもどれ位か分からないけど進むしかないっす。

13548688_4030614185.jpg

熱くなったエンジンに水が掛かって水蒸気を上げながらセロ子ちゃん激走!
まるで某洗車場のように水しぶきを上げて通過してましたww
この先には古い橋が掛かってましたっけ。
今は完璧に廃道ですが、昔は生活道路だったんですね。
トンネルを越えたら暫し休憩タイムです。

IMG_2087.JPG

みんな水分補給をしながら身体を休めます。
この広場のような場所から左側を見ると滝が流れていました。

sui4.jpg

どうやら古い川廻しの「怒田の滝」のようです。
有る意味でここまで来れた人しか見れない幻の滝ですね。
そしてもう一つ凄い物が有りました。


































sui5.jpg




鹿の頭蓋骨っす!



巨大な猪の爪跡とか鹿の頭とかマジで獣道です。
そして休憩の後もまだまだ難所は続きます。
いつになったら、どこまで走れば帰れるのか・・・
当然の事ながら誰も昼飯を食べていません。
それどころか朝飯も食べていないし、
私は前日寝たのが、ってか朝方5時半なので睡眠2時間。
TAKAさんも前日の房総アルプス越えの後の夜勤で、更に今夜も夜勤。
さすがはTAKAさん。とても50歳を越えてるとは思えないタフさです。
んで、最後の難所の土管にやって来ました。
埋もれていた土管を掘り出した跡なのでしょうか?
道にポッカリと穴が開き、山側すれすれしか道が無いのに下り坂です。

sui6.jpg


そして下った瞬間、やや曲がりながら今度は上りです。

HI3B0090.JPG

最後の方は道が崩れロープで救出しながらのクリアでした。
距離にしたらたったの3キロ程度を6時間ほど掛かったでしょうか?
なんとか無事に全員で水呑場まで辿り着き第一次解散。
その後は10台くらいで高滝マッ缶公園へ。
みんな寒いのと冷たいのと腹が減ったのと疲れたのでヘロヘロです。
それでも温かいドリンクなど飲みながら笑顔で今日を振り返ります。
久し振りに一緒に走った仲間達。初めて会った新しい友達。
みんなの顔が生き生きしています。
「今度は何処を走ろうか?」なんて話も出たり。
久し振りのゲロアタックでしたが内容の濃い一日でした。
参加の皆さん、お疲れ様でした。

雨天ゲロアタック

11月9日は仲間達とツーリング?に行って来ました。
当初予定では8名くらいの参加だったのですが、
待ち合わせ場所には15台のバイクが。
当日飛び入りで参加したのが7台。
その結果、予定していたルートは台数が多過ぎて無理と判断。
仕方なく他のルートに変更せざるを得ませんでした。
まさかこれがゲロアタックの前兆になろうとは・・・
お陰で何人かは終始顔が引きつっていたとかいないとか。
大福山駐車場を出発しDショートを下り、
いくつかの素掘りトンネルを抜けて通称電柱脇ルートへ
ここでいきなりのアタックです。

IMG_2078.JPG
(画像は今回初参加のイケさん)

短い距離で加速し、段々になった粘土岩を掛け上ります。
ここで数名が餌食になりました。
その後、以前泥公団にて工事を行ったキャンバー地帯へ
ここではセロー隊の女の子が腰が引けてしまった模様です。

予報では曇りでしたがいつしか雨に。
グッドコンディションの中でツルツル坂へ向います。

IMG_2080.JPG

途中には倒木が有り、みんなで泥公団です。
無事に通過してはみたものの、ツル坂は濡れていました。
「登れる気がしねえ~」の声がアチコチから響きます。
結局登れたのはトライアル車とトライアルタイヤを履いたバイクだけ
残りは迂回路を通るしか有りませんでした。

IMG_2081.JPG

次はツル坂を上りきった広場からツル坂の左脇の道を下ります。
そうです。通称「水没下りルート」です。

以下一度書いたのに消えたので後ほど
いらっしゃ~い
プロフィール

雷神

Author:雷神
千葉の雷神です。
最近は魚釣りにハマってます。

カヤックは黄色のX-13で内房がメインです。
陸っぱりはシーバスとヒラメを追い掛けています。
ロッドはGクラフト・リールはシマノを使ってます。

楽天オススメ商品
最新記事
最新コメント
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
31位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム